ふつつかものですよ

結婚3年目 2018年12月女の子を出産。育児関連の書評、日常について綴っています。ふつつかものですが日々開き直って生きています。

【29W1D】お腹の張りが気になり診察へ→子宮頚管長が…!

こんにちは。もの子です。

 

ここ数日

普通に家事をしているだけでもお腹がキュ~ッと収縮してしんどい事が多くて。

近々夫婦で出産前の旅行を計画していることもあり、心配になって助産院に電話して相談してみました。

 

  • どういう時に張るか?→家事をしたりトイレに立った時。寝ている時もたまに
  • 横になったら収まる?→15分~30分くらいで収まるけど、立ち上がるとまた張ることが多い
  • 胎動はあるか?→すごく元気です
  • 出血はあるか?→なし

結果、念のため診察してもらうことになりました。

できれば運転は控えた方が…との事でしたが、ド平日(金曜日)だったので自分で運転していきました。

 

元々翌週の火曜日に診察の予定を入れていたため、前倒しにして通常の妊婦検診として補助券を使っての診察となりました。

ありがたい~!

  • 検尿(尿蛋白+-)
  • 体重測定(前回+0.5kg)
  • 血圧測定(100/60)

続いてエコー検査。

  • 胎児の体重1,360g

下腹部で胎動を感じることが多かったので、てっきり逆子に戻ってしまったかと心配していましたが頭が下のままでした。

体重も順調に増えていて一安心!

 

前回は私の背中側に顔を向けていたので横顔しか見えなかったけれど、今回はお腹側に顔を向けてくれていたので真正面から顔が見えました♪

おしゃぶりしていて可愛かった~!^^

 

そして初めてのNSTノンストレステスト)!

お腹に2つのセンサーをつけて、胎児の心拍と張りの強さを計測する検査です。

色んな人の出産レポで存在は知っていたので、『おお、これが噂の…!』という感じ。笑

 

40分程計測している間、1回の強い張り・2回の中くらいの張りがありました。

結構しっかりとした張りだったので、念のため提携の病院(助産院の隣の総合病院)にて経膣エコーでみてもらうことに…。

助産師さんにつきそってもらい病院へ。

 

いつも見てもらっているT先生は関西弁で笑かしてくれる気のいいおじさんなのですが、今日は非番の為初めましての若めの先生。

細目+メガネ・体型・髪型の雰囲気が星野源というかコウノドリの四宮先生みたいでテンション上がりました!(その後内診受けるのは複雑ですが…)

 

問診後、経膣エコーで子宮頚管の長さを図ってもらったのですが…

※子宮頚管とは?の解説→子宮頸管が短いと切迫早産になりやすい?長さの平均は? - こそだてハック

四宮先生『子宮頚管の長さは問題なさそうですね』

私「(お腹が少し張ってきた…)」

四宮先生・看護師さん・助産師さん『ん?おお!』『あらあらw』『すごいねぇww』

私「???(なんか盛り上がってる^^;)」

 

その後の診察にて

  • この時期、子宮頚管長は3~4cm
  • エコーで見たところ、通常時3.5㎝だがお腹が張った時に2.9㎝まで短くなっていた
  • 張りが続くと通常時の頚管長も短くなってしまい、2.5㎝以下になると切迫早産のリスクがあるので管理入院になるかも

とのことでした…。

 

皆さんが盛り上がっていたのは、お腹が張った瞬間にみるみる子宮頚管が短くなり『問題がない状態』→『THE☆切迫早産の妊婦さんの子宮口』にリアルタイムで変化したからだそうです^^;

 

ここまで超健康アクティブ妊婦だったのに…

入院!いやだー!(T-T)

 

張り止めの薬を処方してもらい、ウォーキング禁止・家では張ったら即横になって休むようにとの指示をいただきました…。

 

せっかく体重管理が軌道に乗ってきたと思ったのになあ…。

動かなければ絶対またハイペースで増えてしまう(T-T)

食べる量で調整するしかないけれど、どこまで減らせばいいんだろう??

 

そして、計画していた旅行をどうしよう…!

 

助産師さんからは「近場・歩かないで宿でのんびりならなんとか…かもしれないけれど、最終的には自己責任になっちゃうかな^^;」とのこと。デスヨネー

 

実際、車で2時間ほどの県内の食事が美味しいペンションでおこもりステイの予定。

体への負担は少ない日程だとは思うけれど…不安。

でも、キャンセル料100%かかってしまうし超楽しみにしていたし…迷う~!

 

お薬飲んで安静にして、旅行直前まで悩んでみたいと思います…。