ふつつかものですよ

結婚3年目 2018年12月女の子を出産。育児関連の書評、日常について綴っています。ふつつかものですが日々開き直って生きています。

妊娠&子育て中の昼食に…栄養たっぷり炊き込みご飯

こんにちは。もの子です。

妊娠中もそうでしたが、授乳中なのでとにかくお腹が減ります(°▽°)飢えてる!って感じ。

ついお手軽なパンやお菓子をつまみがちだったのですが、カロリーばっかりで栄養価は低いし、高いし、お腹に溜まらないし…

なので試行錯誤した結果、具沢山の炊き込みご飯をまとめて炊くことにしました。

5.5合炊きの炊飯器に5合分。
具も入れると容量ギリギリです。


2合につき…
醤油・みりん・酒を大さじ1〜1.5・塩ひとつまみ
キノコ類ひとつかみ
根菜類 適当
油揚げ 半分
を目安に入れています。
(なので5合の時は調味料も具も2.5倍)



出汁ガラの昆布と鰹節
佃煮にしたのが余ってたらそれも入れちゃう
出汁ガラがないときは粉末だしを入れます


鳥もも肉
お米の量に関係なく1枚。
色んな大きさを試したけど、8mm角くらいが他の具と馴染むので好みです。
良いお出汁が出る気がするのと、取るのが面倒なので皮はついたまま。
塩と酒で下味をつけているけど省いてもいいかも。


炊き上がり。
味は薄めです。


好みの大きさに小分けして、保冷剤を総動員して一気に冷やす→冷凍庫へ

出汁がら以外は同じ具材で

と色んな味をストックしておくと、その日の気分で選ぶのが楽しくなります♪

昼食はもちろん、小腹が空いたときや食材の買い出し前にオニギリにして食べて
「空腹を満たすためにパンや甘いものをつまむ」
ことを極力しないように心がけています。

この炊き込みご飯に加えて
1人用土鍋に

  • 野菜(キャベツ・レタス・スナップエンドウ・アスパラ・ミニトマトなど)
  • きのこ(えのき・しめじ・エリンギなど)
  • タンパク質(油揚げ・豚バラ肉・鶏肉・ベーコン・ウインナー・卵・貝類など)

と多めの酒・塩を入れて火にかけ沸騰したら弱火でコトコト。

葉野菜からびっくりするほど水分が出るので水はなくても大丈夫です。




酒+素材から出る水分のみなので、味が凝縮されて最後のスープがめちゃくちゃ美味しいです。
飽きてきたら水&ひとり用1人用鍋の元(こなべっちとか)で色んな味を楽しむのもいいかも。

冬は手足の先までポカポカになります。

暑くなってからは小さめのスキレット
酒ではなく白ワイン少々・オリーブオイル・黒胡椒たっぷりで。

手が込んでいるように見えるかもしれませんが

  • 野菜→朝食の片付けの前にカットして土鍋(スキレット)に入れて冷蔵庫へ
  • タンパク質→昼食用に事前に小分け冷凍したものを火にかける時に放り込む
  • きのこ類→買ったら根元を切り落としてほぐして冷凍してあるので、火にかける時に放り込む

といった感じなので
冷蔵庫から出したら冷凍素材と調味料を入れて火にかけるだけ。

ムスメのお昼寝や離乳食のタイミングに合わせて、すぐに自分のご飯を用意できます。

土鍋もスキレットもそのまま器にできるので洗い物も楽ちん。

そこまでしたくないな〜って時は、
納豆・豆腐・めかぶなど(1人分パックのもの)・ミニトマト・キュウリで火も包丁も使わないランチができます。

炊き込みご飯の味を薄めにしてあるのは、納豆をかけても美味しく食べられるようにです(o^^o)

前は、主婦だし昼食は適当に…と思っていたけど
毎日「適当に」を考えるより、昼食用に食材を大目に買って下準備しておいた方がずっと楽な事に気がつきました。

昼食用の食材といっても
1食分は豚バラ薄切り3枚とか鶏肉1cm幅カットを2切れ程度なので、菓子パン1つより断然安いです。

なにより、美味しくてちゃんとお腹いっぱいになります♪

お菓子を食べる量が本当に減ったので、授乳期間が終わってもこの食生活は続けようと思います♪(o^^o)

まいにち小鍋―――毎日おいしい10分レシピ

まいにち小鍋―――毎日おいしい10分レシピ

勝間式 食事ハック

勝間式 食事ハック

▲参考にした本。おススメです。


追記
お菓子やパンを禁止しているわけではなくて、おやつの時間に楽しんでます♪

○○○○○

Instagramで育児絵日記描いています。