ふつつかものですよ

結婚3年目 2018年12月女の子を出産。育児関連の書評、日常について綴っています。ふつつかものですが日々開き直って生きています。

勇気を出して押した送信ボタン

こんにちは。もの子です。

今日は以前勤めていた会社の先輩とランチしてきました。

先輩は20歳くらい年上の女性。
世代も担当業務も違ったけれど、お昼の時に雑談したら不思議と話が合って仲良くなり、半年に1回くらい会社帰りにご飯に行っていました。

前職が同世代の若い女性ばかりの職場だったのもあり言葉遣いが崩れていた私…
定番の「承知しました」→「了解です」とか…(°▽°)お恥ずかしい
入社当初は先輩にしょっちゅう直されていました。

言いにくいだろうことも必要なら伝えてくれる、優しい厳しさを持った素敵な女性です。

2017年の年末に退職してからしばらくは職場の事を思い出したくなくて連絡を取る気になれなかったけれど
妊娠後、自分の体と向き合ううちに段々気持ちにが前向きになってきて

『お元気ですか?
ずっとご無沙汰していてすみません
退職後ほどなく子供を授かりました
良かったらまたお話ししたいです』

といった内容のメールを作り…、保存したまま送信できずにいました。

退職から既に半年以上過ぎていて今更なんだと思われるかもしれない。
これまで先輩から連絡来ていないんだから、当時は仲良しだったとはいえもう迷惑かもしれない。
仕事を辞めたら話すことがなくなって気まずくなってしまうかもしれない。

ネガティブな想像がたくさん頭をよぎったけれど、それでも、どうしてもこの関係を失いたくない!という想いが勝り
ムスメを出産した2018年12月の終わりに「えいっ!」っと保存していたメールを送信しました。

…すると、送信した直後に先輩から電話がかかってきました。(°▽°)

ご出産本当におめでとう!
会社を辞めるとき辛そうだったからこちらからの連絡を控えてたけれど、ずっと気になっていたんだよ
久しぶりに話せて嬉しいよ
連絡をくれてありがとう

と、懐かしい先輩の声で話してくれました。
(1年半ほど続いた人手不足&業務量増加に疲弊し、半ばリタイアする形で退職しました)

暖かくなったらご飯に行こう、と交わした約束が実現したランチでした。
1年半ぶりとは思えないくらい会った途端に話が弾み、食事をしながらお互いの近況報告をしつつたっぷり2時間くらいお喋りしてきました。

独身時代から一緒に働いてきた先輩が、笑顔でムスメを抱っこしている姿を見るのはなんとも不思議な気持ちで

なんというか
がむしゃらに働いていた頃の自分と母親になった自分が繋がった感覚。

最後が辛かったからと、繋がりを絶って過去の物にしてしまわなくて本当に良かったなぁ。

後半ムスメが眠くなってグズってしまったためバタバタとお開きしましたが、帰り際に
「良かったら今度は家に遊びにおいでよ
和室があるからムスメちゃんものんびりできるよ」
とご自宅に誘っていただきました。

嬉しいなぁ。
あの時勇気を出して送信ボタンを押さなければあり得なかった時間。
人とのご縁を維持する為には、少しの勇気と努力も必要ですね。


○○○○○

Instagramで育児絵日記描いています。